- Blog記事一覧

Blog記事一覧

冬の女性の体調不良、野田阪神の鍼灸院にて

2021.11.27 | Category: カテゴリ01

冬は陰を消耗しやすく特に女性で長時間のデスクワークで運動不足の方は陰(血水)が下がってしまい陽気が上がり足の冷え、むくみ、首肩凝り、頭痛、目の疲れ、肌の乾燥、イライラ、不眠などの症状が出やすくなります。
陰陽のバランスを整え気血水の流れを整えるツボに経絡指圧、鍼施術を行うことによって症状の改善に効果があります。

冬の体調不良(頭痛、のぼせ、首肩腰痛、手足の冷えなど)を改善する漢方鍼

2021.11.19 | Category: カテゴリ01

冬は陰が不足しやすくなる季節です。体を温めようと陽気が盛んになり、また陰が消耗され陽気が上がると言う悪循環に陥りやすく、のぼせ、手足の冷え、頭痛、首肩腰痛、イライラなどの症状が出やすくなります。東洋医学で言う気逆の状態です。
陰をおぎない、陽気を瀉すツボに鍼をすることにより陰陽のバランスが整い症状の改善の為しっかりと心身の状態を把握し正しいツボに鍼施術をすることで体質改善が期待されます。

自立神経失調、うつの再発の繰り返しを断ち切る漢方鍼施術

2021.11.17 | Category: カテゴリ01

「やる気が出ない」「不安感」など薬を飲んで憂鬱な気持ちを抑えても一時的で治ってきたと思ったらまた再発などの繰り返し。
最近「オキシトシン」と言う脳内ホルモン「幸せホルモン」の殆どが腸内で作られている事が注目されています。
東洋医学では昔から臍下丹田
の重要さを謳っており現代医学が伝統東洋医学の重要さを認めてきた一例でもあります。画像診断や血液検査の結果をなど見るだけで異常ありませんと言われて来院される方も多いのですが伝統東洋医学では人の心身を一つの生命体として経絡指圧などで全身の経絡の状態を把握し気血の流れを改善させるツボに鍼施術を行い自然治癒力をひきだす「手当て」の施術とも言えます。

填精補髄(アンチエイジング)に対する漢方鍼

2021.11.13 | Category: カテゴリ01

漢方でいう腎精は先天の気とも呼ばれ年齢を重ねると共に
減っていきます。
腎精が不足してくると体がだるい、元気が出ない、目が疲れる、睡眠がしっかりとれない、髪の毛が抜けやすい、質が悪くなる、肌に艶がなくなる。などの症状が出やすくなります。
填精補髄とはこの腎精不足を補うことであり、漢方鍼によってアンチエイジングの効果も期待されます。

女性の秋冷えによるつらい症状を改善する漢方鍼

2021.11.09 | Category: カテゴリ01

秋は朝晩の温度差などにより自立神経が乱れやすく、朝、なかなか元気に起きれない、手足や腹部が冷えやすい、疲れやすい、首肩腰の痛み、立ちくらみやふらつきなど様々な症状が出やすくなります。気血の流れを整える漢方鍼は効果を発揮致します。

アクセス情報

所在地

〒553-0001
大阪府大阪市福島区海老江2-5-11 メゾンスサノオ1F-103

駐車場

お近くのコインパーキングをご利用ください。

休診日

木曜午後・土曜祝日午後・日曜終日

ご予約について

当院は予約優先制となっております